グランディックは、あなたがさらにキャリアアップできる会社です。

普通、採用のパンフレットで「独立どうぞ」と書く会社はありません。
グランディックは現在まだまだ成長中です。毎年多くの管理栄養士、栄養士、調理師を採用していますが、独立できるほどのスキルは、多様な社内研修、教育プログラム、キャリアパスの見える化があるからです。

“サービス力”と“美味しい”を、おもてなしの心とともにお届けする医療給食・介護サービス

グランディックの事業領域は2つ。医療給食の受託サービスと高齢者介護施設の運営です。
一見、異なっているようなイメージもありますが、重要なポイント「手作りの食事で毎日を楽しく過ごしていただく」でつながっているのです。

全てはあなたがプロになるために。

研修や教育プログラムは、あなたがプロに成長いただくために豊富に用意してあります。道に迷った時に相談できる仲間を作りやすい環境もあります。プログラムは座学と実践の両方にラインアップされています。栄養士でも調理が得意になるプログラムもあるのです。

<プログラムの一例>
対象:管理栄養士、栄養士・調理師

■新入社員時
グループ会社合同研修、新入社員フォローアップ研修、調理師勉強会、治療食実習、献立作成研修、管理栄養士受験支援、調理実習、包丁の使い方・切り方実習、高齢者の食事研修、イベント食研修、新入社員入社時研修

■入社後2〜3年後
若手社員研修、3年目社員スキルアップ研修、2年目社員合宿研修、栄養ソフト研修、他現場体験実習、管理栄養士受験支援

■入社後5〜10年後
リーダーマネージャー研修、経営研修、社長塾、責任者研修、

■管理者就任時
次期経営者研修、幹部研修、次期幹部研修

■経営陣就任時
経営者研修

■全社員対象
料理コンテスト(イベント)

離職しても戻ってくる人が多い理由

グランディックは「おかえりなさい」と離職者を受け入れる会社です。その理由は「やっぱりよかった」というものです。
他にも3つほどの理由が挙げられます。

1.社内はフラット、社長ともすぐ話せる環境です。

グランディックの特徴はフラット。社長、監査役を含め、経営幹部でも新人と何気なく会話している会社です。

2.産休・育休からの復帰制度

弊社では、産休・育休・復職を支援する制度があります。
これらの取り組みによって、産休・育休取得率 / 復職率が過去3年100%を達成しています。
ライフステージが変わっても働きやすい、復職しやすい職場づくりに努めています。

3.えるぼし認定

厚生労働大臣より、埼玉県の給食委託会社で初めて『えるぼし』認定を受けている当社。
これらの取り組みを通して働きやすい環境づくりを徹底しているため、 家庭や自分の時間も大切にしながら長く働くことができる会社です。
※『えるぼし』とは… 厚生労働大臣より、女性活躍推進に関する 取り組みにて実施状況などが優良な 企業におくられる認定制度です。
※出典:厚生労働省「えるぼし認定証の交付 株式会社 グランディック」

募集要項

職種管理栄養士・栄養士・調理師
手当資格(管理栄養士、栄養士、調理師)・住宅・早朝・役職者・責任者
勤務時間実働8時間
休日年間110日(月間8日ー10日)
有給休暇初年度10日
賞与年2回
昇給年1回
社会保険健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険・退職金共済加入
福利厚生管理栄養士資格取得支援・社員旅行(国内外)・社内サークル・食事代1日150円・寮費補助・特別休暇

【年収例】

440万円/月給25万円+各種手当+賞与/30歳・管理栄養士
490万円/月給25万円+各種手当+賞与/30歳・管理栄養士
350万円/月給21万円+各種手当+賞与/25歳・栄養士
425万円/月給24万円+各種手当+賞与/36歳・調理師
380万円/月給24万円+各種手当+賞与/35歳・調理師
(※2021年1月時点)

グランディックの「食のプロ」になるため社員育成法

グランディックの社員の多くは栄養士・調理師で構成されており、その他営業担当者及び管理部門の社員がおります。
社内のコミュニケーションや交流も多く、教育プログラムが充実しているので、新卒の方でも中途採用の方でも安心して仕事をしていただける環境が揃っています。

教育プログラムの例としては、包丁の研ぎ方・使い方など基礎的なところから実際の調理まで、栄養士としての知識と共に、「食」のプロとなるための手づくりにこだわった研修を実施していることが挙げられます。

管理部
採用担当 鈴木 崇

PAGE TOP