【医療給食の受託】

グランディックは委託給食を通じて、施設・病院の食事に対するイメージを完全に変えます。
入所者・入院している患者さんにとって、食事は毎日の楽しみ・生活の糧。 だからこそ、「食べるは変えられる」というスローガンを当社は掲げています。

施設・病院の皆様、食事の課題は解決できていますか?

日々、あなたもこのような悩みがあるのではないでしょうか?

  1. 食事が美味しくないと言われる
  2. 食事がマンネリ化してしまい、入所者の方に飽きられてしまう
  3. 今の給食委託先では、こちらの要望に柔軟に対応してくれない
  4. 緊急時に臨機応変に対応できない
  5. 自分の施設内で全ておこなっているのでレシピ考案が大変

食事は毎日行うことだからこそ、施設利用者に楽しくポジティブなイメージを持っていただくことがベストです。
しかしこれを実現するためには、「食べる」につながる業務の改善が必要になってきます。

グランディックの委託給食サービスは貴施設の「悩み」を解決します

① 食事が美味しくないと言われる

1日の楽しみは食事、という施設利用者は多いです。
そのような中で、口に合わないだけでなく、まずい、と言われた経験はないでしょうか?

食事こそ毎日の楽しみの1つ。
美味しさ追求のために、私たちがこだわるのは「手づくり」です

細心の注意を行い、さまざまな種類が必要な医療給食でも、「手づくり」にこだわります。
四季折々に合わせた多様豊富なメニューを考案し、食材の仕込みから調理、盛付けや彩りまで、手づくりのあたたかみや身体にやさしい食事を提供いたします。

現場の社員で考えた研修プログラムで、即戦力人材化とキャリアアップを実現

グランディックでは、お客様の現場でより迅速に、質の高いホスピタリティを発揮できるように、より実践的、即戦力となる人材の育成に力を入れています。
その中で現場の社員で考えた研修プログラムを行うことで、優秀な人材の獲得、定着を実現しています。

② 食事がマンネリ化してしまい、入所者の方から飽きられる

なかなか新規のレシピの考案も難しく、季節ごとに変えていくなど食事の変化ができておらず、不平や不満が上がっていないでしょうか?

手作りだからこそ再現できる豊富なバラエティで、飽きずに美味しい、食事の楽しさをプラス

グランディックが提供する食事はバラエティ豊か。
手作りだからこそセントラルキッチンなどでは作れないきめ細やかな調理が可能になり、多くの料理を提供することができます。
また、料理の見た目などにもこだわり見ても楽しい、食べても楽しい食事の提供を目指しています。

多くのイベント開催実績あり。食を通じてより多くの楽しさを提供します

グランディックでは、食を通じて多くの人に楽しさを提供したいという思いから、マグロ解体ショーを始めとした、多くのイベント開催実績があります。
イベント食なども提供しており、少し食事に特別感を感じていただくことを心がけております。

③ 今の給食委託先では、こちらの要望に柔軟に対応してくれない

現在契約中の委託給食会社からの当社への切り替えが多い理由。
それは現場の要望に柔軟に対応できず、テンプレート型の業務になっている不満からです。

手作りへのこだわりで、施設や入所者に沿っていくカスタマイズ力を実現
手作りに拘っているからこそ、カスタマイズ力には自信あり

グランディックでは手作りだからこそできる、細かなカスタマイズやメニューのバラエティがあります。
施設側の要望はもちろん、顧客レベルの要望にも臨機応変に対応可能です。

現場レベルで関係者と柔軟にコミュニケーション

実際に、ある施設では野菜の切り方からソフト食に使用する粉の量まで、実際に現場で試食を作るなど顧客とのコミュニケーションを積極的に行って食事を提供しています。
ただメニューに沿って決められた食事を作るのではなく、入所者や施設側のメリットを第一に考えて料理を提供します。

④ 緊急時に臨機応変に対応できない

マニュアル通り完璧に動くこと。それは確かに重要です。
しかし、給食の現場では想定されたように物事が進むわけではありません。
正社員中心のグランディックだからことの動きがあります。

経験豊富な正社員が現場レベルの問題にその場で対応
実践経験と手作りが強み。スタッフが緊急時でも即座に対応

グランディックでは実践経験と知識を豊富に積んだ正社員がメインで対応します。
そのため、緊急の入院患者などへのレシピ要望であっても、その場で判断して行動することもあり、現場でスピーディな対応を行うことができます。

スタッフの咄嗟の判断で調理機材を救出することに成功

実際にある洪水の被害にあった施設では、現場のスタッフの迅速な判断により、調理機材を移動して水没や紛失の被害を回避した事例があります。

⑤ 自分の施設内で全ておこなっているのでレシピ考案が大変

レシピを考案するのはかなり大変です。
しかし、施設利用者は同じようなレシピが継続して出てくることを案外覚えているものなのです。

レシピ考案は基本365日単位で

入所者様に飽きのこない基本レシピが365日分存在することと、グランディックしか持っていない評判の高いオリジナル食材を使用したレシピがあります。
また、それぞれの現場の条件によって献立を変更できる裁量権も各現場にあるので、臨機応変に現場をマネージメントできます。
患者様や入所者様の容態によってレシピを現場単位で変化させる対応もしております。

提案方法と実行力が、グランディックが選ばれ続ける理由です。

初期ご提案時に実際の調理師・栄養士・管理栄養士などが同席します

現場経験豊富なスタッフが、その場であなたの悩みを聞き、解決する具体的なプランの提案とシミュレーションを行います。

正社員を現場に配属するからこそ、教育はしっかりとしています

グランディックでは現場の社員で考えた独自の研修で即戦力人材を育成しています。
また、当社は女性の活躍を推進するえるぼし認定を獲得。
活躍しやすい環境を構築することで優秀な人材の定着にもつなげています。

センターキッチンではできない手作りだからこそ実現可能なカスタマイズ力

グランディックでは個に向き合ったサービスを提供することに力を入れています。
大勢に画一化したサービスでは提供できない、グランディックならではの高いホスピタリティの提供を目指します。

食事を提供するだけではなく、ホスピタリティも心がけています

グランディックは手づくりの美味しさばかりではなく、現場をホスピタリティを持った上でスムーズに動かしていくことも、食体験と考えています。

メニューも季節性などのバラエティを準備したり、マグロの解体ショーを始めとした様々なイベントノウハウを提供することで、ただ食べるだけではなく、食べて楽しい、見て楽しい食事にも力を入れています。
また、サポート体制も充実しており、クレーム対応も迅速に行います。

【介護施設の運営】

グランディックでは、直営の介護施設(直営有料老人ホーム及びデイサービス)があります。
介護事業は、究極のホスピタリティの実現と更なる社会貢献を目指し、有料老人ホーム「グランシア」、デイサービス「ポルカ」を運営しています。
「寝たきりにしない、させない」をモットーに、ひとりひとりが自立した暮らしと生活ができるよう様々なサポートさせて頂いています。
もちろん、「手作りの美味しい食事」の提供もその一端。

医療給食の受託で培われた「病院入院者、高齢者施設入所者の方々へのホスピタリティ」と「ハイクオリティなサービス」で、高齢者施設入所者の方々にとって”心地よい施設”の運営を目指していきます。

PAGE TOP